2014年09月01日

「椅子づくり教室」募集開始です♪

今日から9月〜。
最高気温は24度くらいという予報ですが、すっかり秋雨ですね。
いつも利用しているグーグルのカレンダーでは、設定しておくと日付に加えて
その年の経過日数も表示されるのですが、今日は2014年の244日目だそうです。
つまり一年も3分の2が過ぎ、のこりはちょうど120日、あと4カ月ということだそうです。

やり残しの無いようにエコ花のイベントも要チェック!して下さいねexclamation×2

ということで、来月は「椅子づくり教室〜秋〜」開催します!


isu.jpg

2014isu.jpg

あーんな椅子や
IMG_5614.jpg

こーんな椅子!
IMG_5608.jpg

ご自身で思い描いたイスを、形にしていくのはとっても楽しい作業ですよ。
初めてでも、工具を触ったことが無くても、道具の使い方からお教えしますので大丈夫です。
是非、挑戦してください☆
ちなみに、今回は今のところお問い合わせいただいているのは女性ばっかりでーす。

「椅子づくり教室〜秋〜」

【日程】 10月4日(土) 10:00-17:00

【費用】 ¥11,000(材料費・保険料込)



無垢の木のオリジナルチェアーを一日で作ります!
道具の使い方からご指導しますので、初めてでも大丈夫!
山梨・長野の天然木を使って、手を動かすことを楽しみながら、オリジナル作品の完成を目指しましょう♪

※基本的に作品は「一人掛け椅子」を制作して頂きます。
※ベンチ、ハイチェアなどは、ご相談の上で判断させて頂きます。お申し込み時、ご希望サイズなどをご相談ください。
※椅子以外の家具の制作については、対応しかねます。ご理解のほどお願いいたします。

☆当日はスムーズな進行のため、開始10分前にお集まりください。
☆汚れても良い服装、動きやすい靴をご用意下さい。
★お子様の入場は原則不可とさせて頂いておりますので、ご了承ください。

お申し込みは info☆ecohana.com(☆を@に変えて下さい)
または電話  03-5824-7571 まで!!
<お申込み時、お知らせ下さい>
  ・お名前 ・人数 ・年齢(保険に必要です)
  ・ご案内送付先ご住所 ・当日連絡の取れる電話番号
  ・ご希望の椅子のデザイン(あれば)
※料金は前払いでお願いしております。


どうぞ宜しくお願い致します。


前回(2014年春講座)のブログ記事はこちらから☆





【イベント、アートのことの最新記事】
posted by エコ花 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント、アートのこと

2014年08月29日

「木と漆の器」展

先日、いつもお世話になっている藤原さんから、素敵なご案内が送られてきました!
ありがとうございますぴかぴか(新しい)

写真.JPG

「木と漆の器」藤原啓祐展
2014年9月6日(土)〜9月15日(月・祝) 12:00〜19:00 ※会期中無休
暮らしのアートギャラリー もえぎ JR中央線 国立駅より徒歩10分

藤原センセー、個展です!ぴかぴか(新しい)
東京近郊ではなかなか、貴重な機会です。
エコ花には置いていない作品も多数ご用意されるようですので(笑)駆けつけてみてください。
ご本人がいらっしゃる予定もありますので、要チェックですよ〜。

詳しい情報はもえぎさんをご覧くださいね☆



さてさて、今日も過ごしやすく、あと少しで収穫の秋?
ということは、食欲の秋でもありますね〜。
秋の贈り物や、自分へのご褒美、買い替えには藤原啓祐さんのお箸をオススメしたいです。

070616 007.jpg
木地はヒバ。写真上は黒漆を施した角箸23cm、下は朱漆で丸箸21cm。
一般的なものよりも、すこーしだけ細身に作られているので、軽い力でも握りやすく、使いやすいのです。

秋の収穫とともに、美味しく食べられることのありがたさと喜びを噛みしめたいですね〜。
お箸が素敵だからって、食べ過ぎて肥えないように、ご注意を☆
9月15日(祝月)は敬老の日だそうですよ。
元気なおじいちゃんおばあちゃんへ、夫婦箸で贈っても良いかもしれませんね。


藤原さんといえばexclamation

まだ少し先ですが「木彫り教室」今秋もやります!
11月29日(土)&30日(日)の二日間の予定です。
一カ月ほど前になりましたら詳しくご案内いたしますので、こちらもお楽しみに〜手(パー)

posted by エコ花 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント、アートのこと

2014年08月28日

秋への一歩?

今週はなんだかとても涼しくって、過ごしやすくって、
喉元過ぎれば熱さ忘れる〜…先週までの残暑も忘れてしまうような秋を感じますね。
お店のディスプレイも、思わず手を入れたくなります。


070616 004.jpg
クラフト工房ラ・まのさんの草木染め絞り手ぬぐい。
左は蘇芳(すおう)、右は玉ねぎです。素敵な秋色ですね〜。

お子様には、こーんなTシャツどうですか。
070616 005.jpg
鮮やかで、これまた秋を感じる色です。
日本の伝統色で言うと、「刈安色(かりやすいろ)」が最も近しい色かと思います。
草木を原料にした自然染料だからこそ作れる微妙な色彩という感じです。

お国によって伝統色はさまざまありますが、
共通しているのはそのほとんどが自然からインスピレーションを得ているという点。
日本は美しい土地に美しい水が流れ、豊かな動植物に恵まれて文化が育ちましたので、
四季折々の変化の中からたくさんの色彩を得ることができました。

刈安とは山野に自生するススキに似た植物のことだそうです。
色の名前には、刈安色をはじめ、桃色、胡桃色、若竹色、蜜柑色など植物や
曙色、空色、月白色(げっぱくいろ)、なんていう景色を現す言葉が多いです。
日本の伝統色、調べていくと面白くてハマっちゃいますよ。

今のように化学合成染料がなかったころ、人々は自然の中に見つけた美しい色彩を
なんとかして表現したいと、天然染料の中に理想を追い求めたのでしょうね〜。
この秋は、天然染料の色彩を楽しんでみてはいかがでしょう目

読書の秋にはこちらをお伴にどうぞ↓
070616 001.jpg
ブックカバー。生地も、刺繍糸も草木染めです。

070616 002.jpg
使ってみるとこんな感じ。
しおり付です。

070616 003.jpg
色鮮やかなものって、持っているだけでウキウキしませんか?
こんなブックカバーを買ってしまったら、似合う本を探したくなってしまいますね。


・・・ところで、来週はまたしても30度を超えるみたいですね。
一度涼しさを経験した後の、ぶり返しの暑さは熱中症に要注意だそうです。
対策を怠らずに過ごしましょう〜。

posted by エコ花 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨

2014年08月26日

吹きガラス入荷です♪

秩父、工房葦路の濱口さんから、
銀箔シリーズのグラスが届きました!ぴかぴか(新しい)

写真は使いやすくて一番人気のMサイズ。
IMG_6427.jpg
揺らいで、光が移ろいで、なんてキレイなんでしょ。
川の流れをそのまますくってきたような、水を思わせる透明感にうっとり。

飲み口は、まぁるくできていますので、口当たりも良好です。
IMG_6426.jpg
イメージとしては、飲み物がまろやかになる感じがします。^^

氷を入れた、ただのサイダー水も美しく映えます。
夏は紫蘇ジュースや自家製スムージーなど入れてもいいですね。
色のあるものを入れても、素敵なんですよハートたち(複数ハート)

ぐい飲み、ビールグラスなど、お酒が美味しくなりそうなグラスもあります。
IMG_6429.jpg
入荷したての今でしたら小さなサイズからたっぷり入る大サイズまで
いろいろ揃っておりますので、ぜひ手に取ってみてください。

今週の天気予報には最高気温が30度を下回る日もチラホラ・・・
残暑がこのまま鎮まってくれるといいですね!


posted by エコ花 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨

2014年08月22日

タネできてます☆ふうせんかずら

エコ花のグリーンカーテン、ふさふさになりました〜ハートたち(複数ハート)
IMG_6400.jpg
(管理人の手が届かなくなったので、上半分は荒れ気味で隙間だらけですが…)


ゴーヤもボチボチとれていますが、
いつの間にか、フウセンカズラもこんなに沢山の実をつけてくれましたぴかぴか(新しい)
IMG_6401.jpg
手の届くちょうどよい高さのものは、時々つぶされてます(笑)
めずらしくて、触ってみて、そのポムポムの感触に・・・
ちょっと力を入れたくなっちゃうんでしょうね〜、きっと。

フウセンカズラの実は、お盆明けころから次々完熟して、種ができています。
つぶれたものにも、ちゃんと種ができてますよ。
IMG_6402.jpg
茶色くなって、振ると種が中でコロコロしているものもあります。
今年もたくさんとれそうなので、店頭でご希望の方にはおすそわけいたします☆
ご遠慮なくお声かけくださいね目

せっかくなので、完熟だけ集めて飾ってみました。
IMG_6403.jpg
色がつけたくなるような、かわいらしい形をしてますよね。


それでは来週もよろしくお願いいたします。
よい週末を〜手(パー)


posted by エコ花 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お店つれづれ