2014年03月11日

3年です。

あれから三年が経ちました。


身の回りのことが色々と変化するには充分な時間です。


ですが復興しているか・というアンケート調査に、
被災された方々のおよそ70〜80%が進み具合は「芳しくない」と応えているそうです。

瓦礫はすっかり片付き、かつての住宅地には雑草が生い茂り、
新しい家なども建って見た目の様子は大きく変わってきたことでしょう。
だけど人々の心境の中で、“もとの暮らし”というのがまた遠いのだと思います。

仮設住宅などで避難生活を送る全国の避難者は26万7419人(2月13日時点)。
参考までに、私の故郷である熊谷市の人口はおよそ20万人程度らしいですから、
避難をされている方々だけで、新しい自治体が作れるレベルです。


今冬の豪雪の時も感じたことですが、
自然の現象に対して人間というのは本当に非力です。

以下は、2012年に撮影した現地。
仙台市蒲生地区南側 (8).jpg


仙台市蒲生地区北側 (28).jpg


東松島市大曲地区 (10).jpg

津波が通った痕にただよう、虚無感。
私達はここから学ばなければならないと思います。
今年も、犠牲になった方々のご冥福をお祈りしますとともに
被災された方々の今後の生活が健やかであることを願いたいと思います。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



エコ花はNPO法人日本の森バイオマスネットワークを通して、
東北の応援と支援、および木質バイオマス燃料の推進活動を行っていますが、
来週末、環境を考えるフィルムフェスタが日比谷にて開催されます。

「グリーンイメージ国際環境映像祭」
グリーンイメージ.JPG

気候変動、原発事故、海洋資源、近代農業、などなど
私達にとって解決しなければならない問題を浮き彫りにする作品ばかりです。
上映作品一覧はこちら→

今、何が問題なのか。
行ってみると、世界の見方が変わるかも知れません。

「グリーンイメージ国際環境映画祭」 3月20日(木)、21日(金)、22日(土)
詳しくは、公式ホームページからお願いします。
posted by エコ花 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年05月04日

チャリティー木端バザー終了。

先週末から6日間開催しておりましたチャリティー木端バザー。
今回も無事に終了いたしました。
ご来店&お買い上げいただきました皆さま、ありがとうございました。


IMG_2874.jpg
↑こんな感じで、
50円100円からの超単価の安い木材ばかりの状況にもかかわらず、

38,574円 の売上が集まりました!ぴかぴか(新しい)

皆さまのクラフトマンシップと、心意気に拍手です!ハートたち(複数ハート)
この金額は今回の分だけではなく、普段店頭の隅っこでチマチマっと出している木端を
ご近所の方々が買って行って下さる分も含まれています。
日頃からエコ花の“端材”をチェックして、色んな創造をして下さっている
ご近所の方々にも感謝!

この売上は全て、日本の森バイオマスネットワークが建築&運営している

復興共生住宅「手のひらに太陽の家」の運営資金に充てさせて頂きます。


お買い上げ頂いたお金の行く先には、子供たちの笑顔があるということも、
ぜひ皆さまには知ってほしいな・と思います。
今後とも、こうした施設があることや震災そのもののことを頭の片隅に置きながら
クリエイティブな活動に精を出して頂ければ幸いです。

ありがとうございました。



さて、さて、ゴールデンウィークが明けてから
今後のエコ花イベントですが、ザッとこんな感じです↓↓↓


5/11(土) Studio Y.e's石塚さんの「椅子作り教室」春 ※満席です
 10:00-17:00(費用:¥11,000材料費・保険料込)


5/23(木)〜5/30(木) クラフト工房LaMano「初夏のよそおい藍色展」
 企画:エコロジーライフ花 OPEN:10時〜18時 日曜休み


6/15(土)、16(日) 拭き漆入門「漆教室〜器とカトラリーのてしごと〜」
 10:00-16:00(費用:一日¥8,000 二日間¥14,000保険料込
         別途木地代¥1,000〜2,500、漆チューブ代¥2,000予定)

6/29(土) 川口太陽の家の仲間たち「ステンドグラスワークショップ」
 13:30-16:30(費用:¥3,000 材料費込 作品:キャンドルホルダーか壁掛け)


ぜひぜひ、ご参加くださいませ★

posted by エコ花 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年04月27日

チャリティーについて

本日は木端チャリティーバザーに加えて、クラフトワークショップを行いました。


ワークショップ、ご近所のちびっ子たちが参加してくれました
写真.JPG 写真 (3).JPG
子供の想像力ってスゴイですよねー。
あくまで渡しているのは「プレート」という平面なのですが、
段々と立体化して、点、線、側面や背面まで、次元が広がる感じです。
一人の子は、“音”まで考えていたりして、お母さんまでも感心させていました。


作品達↓↓↓
写真 (1).JPG 写真 (2).JPG

写真 (4).JPG 写真 (5).JPG
参加してくれたご近所の子たち、ありがとうございました!

木材をご購入して頂いた方にも、感謝です。



さてさて、
今回皆さんに頂戴した売上金の行く先ですが、
私たちも加盟しているNPO法人日本の森バイオマスネットワークが昨年、
宮城県登米市に完成させた復興共生住宅「手のひらに太陽の家」
運営資金として、全額寄付させて頂きます。

この施設、主に東日本大震災で被災した子供たちを支援するための「住宅」で、
主に福島県の親子、子供達、の保養滞在として受け入れています。
昨年の7月に完成式が行われました(その時の記事はこちら→

一人でも多くの子どもに、笑顔をとり戻してもらうため、
施設では自然体験・ワークショップなどの様々な取り組みが行われています。
このコンセプトが評価され、2012年7月には
第6回キッズデザイン賞の復興支援デザイン賞を受賞しました。

運営は現在、寄付金によって運営されており、
皆さまからのご支援が必要です。


私たちはこの「共生住宅」が、子供たちの未来に希望を与え、
彼らの将来の力になる施設として運営されていくことを願っております。
バザーの売上はわずかですが、全額を寄付に代えさせて頂きます。


皆さまにおかれましては、このことも考慮に入れたうえで
その、お心もあせあせ(飛び散る汗)わーい(嬉しい顔)
木端代に上乗せさせて頂けるととっても嬉しいです黒ハート(なんて贅沢言ってみたりして)


ですので是非こちらも↓チラリと覗いてみて下さいませ。
donation_bunner.jpg


チャリティーコッパバザー、
来週も5月2(木)・3(金)・4(土)、10時〜18時の開催です。
どうぞ宜しくお願い致しますexclamation



posted by エコ花 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年04月26日

何の樹でしょう〜?

チャリティーコッパバザー。


いずれも、エコ花の木の家づくりで出た端材。
ですが切れっ端とはいえ、面白い樹が色々と出ています。
すべて国産の木材です。
日本の木、どれくらいご存知ですか?
私もまだまだ(まだまだ)勉強不足なのですが、
栗を中心に、ケヤキ、栓、梨、ミネバリ、桑、サワグルミ、鬼グルミ、青森ヒバ、
など?(多分)
置いてあるのを確認しました。

ホームセンターなどでは中々お目にかかれないものもありますが、
今回は惜しみなく数百円でご提供しちゃいますわーい(嬉しい顔)




さてさて、本日はそんな珍しい木をご紹介いたします。
何の樹でしょう?

@
IMG_2878.jpg
ヒント>いい香りで癒されます

A
IMG_2877.jpg
ヒント>偽ケヤキとか言われて可哀想

B
IMG_2876.jpg
ヒント>木目の王様って感じです

C
IMG_2875.jpg
ヒント>養蚕に深く関係しますが、木材としてはあまり見かけません



どうですか?心当たりがありますか?
このネタ、来週まで引っ張りますので黒ハート
木になる方は気になる方は、ぜひ会場で実物に触れてみて下さい。
バザーではたいてい、こうした珍しい木から売れてしまいます。
皆さん目利きですねー。

エコ花の家づくりでは栗をよく使うので、比率として栗材が多く並んでいるのですが、
日本全体でみると国産の栗も貴重なものになりつつあります。
同じ木でもモノによって木目の雰囲気が全く変わりますので、
木の持っている個性的な面白さも味わって頂ければと思います。



さて、明日の午後は14時〜16時半で簡単なクラフトワークショップを行います。
木のプレートを、木の実や草木染めの毛糸で飾って、
自然のなかにある色や形の面白さを体験して頂きたいな・と思います。
お子様はもちろん、大人の方も楽しんで下さい。
はじめて見ると、黙々と手を動かしてしまう「あそび」です。^^



posted by エコ花 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年04月25日

チャリティーバザー開始!

木端バザー!始まりましたダッシュ(走り出すさま)


初日の今日。
「木端」←なんて読むんですか?
と、電話口でご質問を受けました。

お応えしましょう。
「こっぱ」です。


これがコッパ!!↓↓↓
IMG_2870.jpg


どれもこれも、エコ花の自然住宅づくりから出てきた端材です。
樹種も形もバラバラの端材とは言え、国産の無垢木材、乾燥状態は良好◎です。
広葉樹でも100円200円でお譲りいたします。
バザーで掘り出し物を見つけられた貴方はラッキー。
そしてエコ花的には、 断 捨 離 。

是非ともお役立て下さい。
今回の木材に売上げは全て、『手のひらに太陽の家』の運営資金として寄付させて頂きます。

チラッとご紹介。
こちら100円コーナー↓
IMG_2874.jpg
すばらしい100均となっております。
栗に混じって、栓、桜、青森ヒバ、サワグルミなどなどございます。

そしてこちらは、大きな100円コーナー↓
IMG_2879.jpg
材料としては正直整っていません。
手をかけていないので、表面ザラザラです。が、オオモノです。
ご自分で製材することができる方には、とってもお買い得ぴかぴか(新しい)

本日、早速ご来店頂きました方々に、沢山買って頂きました。
またそこから、新しい作品が生まれてくることを期待揺れるハート


「チャリティー木端バザー」

【開催日程】4/25(木)、4/26(金)、4/27(土)、5/2(木)、5/3(金)、5/4(土)10時〜17時

【クラフト日程】4/27(土)、5/4(土)各日とも受付は14:00〜16:30 ※作業終了17:00
おひとつにつき300円頂戴します(寄付金とさせていただきます。)

明日は少しお天気崩れるようですが、明後日の週末は回復の見込み。是非お出かけ下さい。






そしてそして〜、


先日はエコ花初入荷!
焼菓子工房LISAさんより、ココユタBISCOTTIが届きました〜るんるん
ビスコッティ・・・!
とは?イタリアーンな伝統お菓子で、カリコリとした食感が特徴です。

IMG_2868.jpg
ココユタBISCOTTIは北海道小麦、アルミニウムフリーのベーキングパウダー、
てんさい糖、油脂不使用、こだわりの素材を使ってひとつひとつ丁寧に焼かれています。
噛みしめるほどに美味しい、みんなに安心なオヤツですよハートたち(複数ハート)

味は定番が10種類、和風が2種類、それに加え季節限定品…と、迷ってしまいます。
ですので、今回は全部で12種類作って頂きましたよ。(←結局迷いますね)
IMG_2866.jpg IMG_2867.jpg
今の季節限定は、「夏ミカン」と「いちご」。
和風の「みそ」と「しょうゆ」はあまじょっぱくて、あとをひきます。
「チョコレート」は定番ですがコーヒーによく合いますし、
「ココナツ」「メープル」などもサクサクと軽くてやさしい甘さ。
ドライフルーツ系はフルーツが沢山入っていて香り豊か。フルーティーです。
個人的には「抹茶」ですね。小豆甘納豆が入ってるのです。

早速、ご近所さんに買って頂きました^^
エコ花のスタッフにも「オイシイ」とお墨付きを頂きました。かわいい
…ですが皆さん、たいてい12種類を前にしばらく悩まれています。


プレゼント用の簡易包装は無料サービスしておりますので、
ご自分用、贈答用、存分に悩んで下さいませわーい(嬉しい顔)


posted by エコ花 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年04月17日

週末のご予定は?

来週&再来週は、チャリティー木端バザーです!
チラシ.jpg


杉、ひのき、栗などを中心に、
クラフト作品や日曜大工、お子様の工作にも活躍してくれそうな
無垢の国産材をビックリ価格exclamation×2でご提供致します。

土曜日はクラフトもやっていますので、ふら〜っと遊びにいらして下さいわーい(嬉しい顔)


【開催日程】4/25(木)、4/26(金)、4/27(土)、5/2(木)、5/3(金)、5/4(土)

【クラフト日程】4/27(土)、5/4(土)各日とも受付は14:00〜16:30 ※作業終了17:00

おひとつにつき300円頂戴します(寄付金とさせていただきます。)


*木端の売上げとワークショップ参加費は全額、日本の森バイオマスネットワークが運営する
 復興共生住宅「手のひらに太陽の家」の運用資金に寄付させて頂きます。




じつはじつは・・・

このイベントに合わせて!
「ビスコッティ」が初ぴかぴか(新しい)入荷致しますよ〜ハートたち(複数ハート)

油脂・保存料などは一切不使用。
北海道産小麦、北海道産てんさい糖などを使った、手づくりの味です。
あ〜・・・、でも
この件はもったいぶって、また日を改めてご紹介します(´∀`)
来週入荷しますよ、楽しみですね。


週末はどうぞ、エコ花へお出かけ下さいませ〜♪

posted by エコ花 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年03月12日

支援バザーやります【予告編】

まだ少し先のお話、【予告】ではありますが、
3月11日で関心が高まったところですので早めの告知です。



ゴールデンウィークの木金土、
4月25、26、27日と
5月2、3、4日

合計6日間

晴れ東北支援「木端バザー」を行います!

このバザー、エコ花では3回目になります。
IMG_2530.jpg
↑こんな感じの木端から、ちょっとしたテーブルになりそうな板までご用意する予定です。

木端の売り上げは全て、日本の森バイオマスネットワークが運営する
手のひらに太陽の家の活動資金とさせていただきます。
* * * * * * * * * * * * * * * * * *
手のひらに太陽の家は東日本大震災で被災した子どもたちを支援するための復興共生住宅です。
地元材と自然エネルギーを活用した循環型の住宅として、復興のモデルとなることを目指しています。
平成24年7月に宮城県登米市に完成しました。現在福島県の親子の保養滞在を中心に受け入れています。
* * * * * * * * * * * * * * * * * *
手のひらに太陽の家HPより引用



期間中、
4月27日(土)、5月4日(土)には木を使ったクラフトワークショップを行う予定です。

例えば、こんな↓ぴかぴか(新しい)
DSCN9347.JPG

DSCN9134.jpg
木のプレートに、木の実や葉っぱ、豆や種で楽しく飾り付けをしましょう♪
どうぞ親子で遊びにいらして下さいわーい(嬉しい顔)


詳細はまた後日☆楽しみにお待ち下さいませ手(パー)


posted by エコ花 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2013年03月11日

2年

あの日から、2年が経ちました。



2011.03.11.14:46
その時、何をしていましたか?



突き上げるような音のあと、本震。その時
事務所の家具が大きくうねり、机上のモノが落ち、
道路向かいの細長いビルがまるで豆腐のようにグラグラと横揺れをし、
建物のそこらじゅうから、いやな軋みの音が聞こえていました。



まだ、憶えています。
それはそうです、“まだ”2年なのです。
昨年、東北を訪れた際、現地の状況に、
もしかしたらスタートラインにも立っていないのではないか?と感じました。
ですが関東では近頃、その震災の「影」すらも薄くなっているように思えてなりません。

平穏な日々が戻りつつあると人の心は、
辛い記憶を箱の中にしまいたがります。
当時を思い出すことを、拒みたがります。
だけど、それでは次の一歩が踏み出せないことも事実です。
意識を持ち続けましょう、想いを心の片隅に持ち続けましょう。





エコ花では、例えわずかでも東北の方々のお力添えをしたいと思っております。
ということで今年も、第3回目となるバザーを行います。


東北支援「木端(こっぱ)バザー」

4月25、26、27(木金土)・ 5月2、3、4(木金土)の6日間予定。


建築では“端材”でも、クラフトの素材としては充分な大きさです。
国産・無垢木材を破格値でご提供致しますので、ものづくりにご興味の方はぜひおいで下さい。
大きさも樹種も木目も違うので、実際来て手にとってアレコレ見て下さい。
そうそう
土曜日は、お子様向けに30分程度でできる簡単なクラフトもやりたいと思っています。
どうぞ、ご家族でお出かけ下さい。

(バザーとクラフトの売り上げは全て日本の森バイオマスネットワークが運営する
復興共生住宅「手のひらに太陽の家」の運営資金に寄付させていただきます。)




亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに
今も被災地で頑張り続ける人々に、暖かい陽ざしが届くことを願います。
IMG_1211.jpg





posted by エコ花 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2012年09月11日

手のひらシェラカップ

7月下旬に竣工し、ひと夏を越した「手のひらに太陽の家」。
沢山の子供たちが利用してくれているようです。
施工で活躍した『サスティナライフ森の家』の紹介記事に暮らしの様子がアップされています。
気持ち良く過ごせる・という言葉が聞かれているそうです。嬉しいことですね。



来月のソトコトにも記事が掲載されます。
     てのひら ソトコト.jpg
書店で是非手に取ってみてくださいね。



エコ花では、「太陽の家」開所記念のシェラカップを販売しております。
IMG_1282.jpg
ステンレス合金、直火OKで、ご家庭のお料理シーンでも計量カップとして活躍します。
底の部分、「手のひらに太陽の家」のロゴマークが浮き出ています。
売り上げの一部は「手のひらに太陽の家」の寄付になります。
アウトドアなどをされる方には特にお勧め。他にはありませんよ。



ところで、フェイスブックでも太陽の家の様子をリアルタイムで知ることができますよ。
名称未設定-1.jpg
エコ花のフェイスブックもイイネ!よろしくお願いします♪
ご登録がまだのようでしたら是非。




posted by エコ花 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2012年07月27日

東北へ

日本の森バイオマスネットワークが手がけてきた
登米市、復興共生住宅「手のひらに太陽の家」が先日、ついに完成しました!
DSCN4889.jpg
先週末、沢山の方々が集まる中、にぎやかに開所式が行われました。
今夏は既にのべ90人の子ども達や親子の利用(ショートステイ)が予定されているそうです。


看板の文字は書道家・紫舟さんの手によるもの。かっこいいですね。
DSCN4840.jpg


玄関には沢山の靴。多くの人が完成を喜び、期待していることが分かります。
        DSCN4839.jpg
皆さん「わあ」とか「いいわねー」とか言いながら、内覧していました。


まん中に置かれた食卓テーブルは大きくて気持ち良くて、みんなが自然と集まってくる場所になりそうですよ。
        DSCN4847.jpg


掲示板には「手のひらに太陽の家」に関わって下さった方々への感謝の言葉がカラフルに記されていました。
DSCN4850.jpg


近所には学校も畑もあり、のどかな景色が広がります。原っぱには小さな花が咲いていました。
DSCN4912.jpg
新しい生活が始まった「手のひらに太陽の家」。運営費も、皆さまからの寄付金などから賄われます。
どうぞ今後とも継続して、あたたかいご支援をお願いいたします。










さて、仙台から登米市までは片道1時間45分くらいです。


その後、被災地をすこし回ってきました。

仙台市蒲生地区北側 (23).jpg
家の基礎が残ったままの様子


仙台市蒲生地区北側 (54).jpg
海岸には、まだ色んなものが落ちています。


仙台市蒲生地区北側 (81).jpg
こちらは奇跡的に骨組みだけきれいに残った一軒家。
木造を手掛ける私たちに、可能性を見せてくれるような家です。




場所によってはまだ復興の足音すら聞こえず、被害を受けた傷跡そのまま残っている家、
なかなか崩れない瓦礫の山、塩害でしばらく農作物は育てられないだろうと言われている元農地、、
そういう風景がある一方、仙台の中心街はとても賑やかで、震災の影は薄らいでいる印象でした。
話に聞くばかりでは見えてこない状況が沢山あります。


関東に住みながら、私たちに何かしてあげられることがあるとすれば、
まずは意識を持つこと・忘れないこと。
だと、思います。
走り始めた「太陽の家」。だけどこれは、考えるきっかけのひとつです。
一人一人の意識がもっとはっきりすれば、これに続く素晴らしいことができるでしょう。

自分の生活も大事にしながら、日本のこととして、時々東北に想いを馳せてみませんか。
日本の森バイオマスネットワークでは、引き続き「手のひらに太陽の家」の支援協力金
呼びかけてまいります。ぜひ今後の動きにもご注目ください。



sai


posted by エコ花 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2012年05月15日

エコ花バザー御礼

木の物を集めた震災支援バザー。
ゴールデンウィークの真っただ中、3日〜11日までに皆さま沢山のお買い物をありがとうございました。

IMG_0657.jpg

頂戴しました売上金のうち、作家作品・工芸品については売上の20%を、木材に関しては全額を、
日本の森バイオマスネットワークの作る復興共生住宅「手のひらに太陽の家」の資金として寄付させて頂きます。

今回皆さまから頂いたお気持ちを数えましたところ、

総額で ぴかぴか(新しい)¥38,227円 の寄付金を集めることができました!
建設費からすると、ごく小さな金額かもしれません。
ですが何にもしないゼロと比べると、とても大きな金額です。

これも種まき。
少しずつでも自分の生活をしながら東北の「今」に目を向けること、これがとても大事だと思います。
時間が経過するほど風化してしまうのは免れませんが、忘れてしまうようではいけないのです。
エコロジーライフ花では今後も“きっかけ”となるようなイベントを行っていく考えです。
お客様の意識の中に、小さくても確かに一粒の種が蒔ければ、何かのタイミングで芽が出ると信じ
今後も続けて参りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。



posted by エコ花 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2012年05月03日

「山と森のバザー」始まりました!

本日より店内と工場にて、エコ花の支援のカタチ「山と森のバザー」始まりました!
椅子づくりの様子報告がまだかなー、なんて思っていらした読者の方には申し訳ありませんが
それは後回しにして・・・(そんな奇特な方がいるのかどうかは別として。)
まずはラインナップを、先日のブログに続いてご紹介いたします。




工場の二階にはズラリ木端。全て国産材です。
        DSCN4124.jpg


私が一周見渡しただけでも、杉、ひのきはもちろん、栗、桜、赤松、トチ?、、クルミ?
DSCN4125.jpg
ともかく、薄いのから厚いの、木彫りに良さそうなサイコロから塑像もできそうな塊まで様々です。
ご自分でクラフトをしていらして、木場の「モク○ク」へよく通っています!なんて方は必見!
良い品をお安く提供いたしますよ〜。
ぜひ掘出し物の一品をお買い求めください。
運よく社長さまが近くに居れば、お値引きも(気まぐれで)して下さるかも知れません。
つかまえてみて下さい。





さて、それでは店内にもどりましょう。
こじんまりとしておりますが、色々な木のものがありますよ。




ほら、
DSCN4103.jpg
こんなものや


DSCN4105.jpg
こんなものやら


      IMG_0660.jpg
なんだか素敵ですね。






・・・・・え?

解説つけて下さいと言われましても。
読んで満足されて、お店へ来て下さらないのでは寂しいですから
詳しくはウェブ…には載せません!



詳しくは店頭で!










それじゃ参考までに、商品の並んでいる様子を引いて映した写真を掲載しておきますね。








         DSCN4108.jpg
あっ、
ごめんなさい。割込みが入っちゃいました。


本日より5月11日(金)17時まで。日曜日はお休みです。
皆様のお越しをお待ちしております。



posted by エコ花 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2012年04月27日

ゴールデンウィークは支援バザーで。

明日から大型連休の方もいらっしゃるのでしょうか。
来週30日(祝月)は、毎回好評の「椅子づくり」の春教室です!
今回も定員いっぱいの人気っぷり。
お問合せのみなさま、ありがとうございました〜。


さて。
それが終わりますと、5月3日からは震災支援「山と森のバザー」が始まります!
今年はタップリ8日間!
土日はどうしても都合がつかなくて…なんて方も大丈夫。ぜひ祝日、平日にいらしてください。

 ●5月3日(祝木)から5月11日(金)10時〜18時最終日は17時まで ※日曜休み
場所は、エコ花の店内と工場です。
クラフトにおすすめしたい国産の針葉樹・広葉樹の無垢端材から、作家さんの木の小物まで。
2,500円までの価格で、エコ花らしいお品物をご用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。


今日はいつもお世話になっている木彫漆芸作家の藤原さんから、作品が届きました!
DSCN3996.jpg
(左)センの薬味皿\2500、(右)センのふきだし小皿\2000
センのはっきりとした木目はきりりと、凛々しい印象です。背筋が伸びるよう。


DSCN3998.jpg
ケヤキのアラガタ丸盤\2000
さすがケヤキは、存在感がどっしりとしていて力強く、迫力がありますね。


そしてsai個人のオススメはこちら!
DSCN3997.jpg
ホオの花プレート\1000
可愛くないですか!?
このカタチ、、つい5枚揃えたくなるじゃありませんか…!
実はこれ、愛娘さんがデザインしたものだとか。
なんと。将来が楽しみですね。

ちなみに花プレート、入荷数は限定5枚・・・(ガビーン)
かなりエコ花っぽい品なので、今回好評であればお店にも置こうかと考えておりますよ。


…というか、今回のバザー品は全部少量での入荷です。つまり基本的に早い者勝ち。
どうぞ、狙っているものがある方は、お早めにいらしてください!
またご紹介いたしますね。



posted by エコ花 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2011年09月07日

仮設住宅、東北の秋

台風が去って、久しぶりにみえた青い空が気持ち良い関東です。
カラッとしていて、もう秋のような陽気。


今日は、一つの記事と、一つのブログをご紹介します。



東北の秋は、私たち関東人の考えるものとは少し違います。
まして、被災地となれば、秋は、せまる厳しい冬、せまる寒さを意味します。
多くの避難場所は現在閉鎖されて、多くの人が仮設住宅、あるいは移住をしたようです。
ですが環境は、これまでのあたたかかった家族の居る暮らしとはかけ離れたものでしょう。
日本の森バイオマスネットワークは、震災直後からの被災地支援の一つとして
避難所へのペレットストーブの設置を行いましたが、今後、また必ず到来する
厳しい冬の寒さに対して、改めて、できることを考えています。

震災から半年が経とうとしていて、関東ではほとんど平素の、落ち着いた生活を
取り戻しつつあります(放射線の問題を除いては)。
だけど、被災は終わっていません。
まだ、スタートにも立てていません。


いまだに、海から、陸から、仏様が見つかるという話を聞きました。
半年という時間は、冷静さを取り戻すための余白でしかないような気がします。
色んなことが見えてきて、これから、です。



さて、そこでご紹介したいブログがひとつ。
「日本の森バイオマスネットワーク」の事務局、唐澤さんがブログに書かれています。
今日は南三陸町歌津の漁師さんと話をしてきました。・・・

と、はじまる記事。
読んでいただきたいのは、その猟師さんの息子さんがつづる、リアルなお話です。
「牡蛎と津波と僕 〜復興への航路〜」http://ameblo.jp/piecebedroom0745/


被災は、まだ、真っ只中です。
足元が確かになってきた私たちは、これからの“生き方”の一部として、
できる支援の形を模索しなければいけないのではないかと、感じます。
ブログをつづる彼はsaiと同じ歳。
復興にむけて、「出航」です。



sai
posted by エコ花 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援

2011年05月06日

チャリティー「木端バザール」ありがとうございました!

5月4日(祝水)にエコ花で、チャリティーイベント「木端バザール」が開催されました!
当日の売り上げは・・・56,640円!
当日までの店頭寄付、売上など合わせますと総額で¥71,116円となりました!
現地の、あの大きな爪痕から比べてしまうと、ごくごく小さな金額かもしれません。
けれどここには温かい心がたくさん詰まっています。

DSCN9377.jpg


今回木端をお買い上げ・ご寄付いただきました
  相澤修様、相澤かず子様、臼井様、大野様、須永様、
  染谷様、中村様、萩野様、渡辺様、ほか
また、今回特別にチャリティ作品をご提供いただきました
  木彫漆芸作家・藤原啓祐様、
日頃から店頭で行っている木端販売にご協力頂いているご近所の皆々さま
本当にありがとうございました。


今回の売上金はすべて、日本の森バイオマスネットワークがすすめている
「手のひらに太陽の家」プロジェクトの建設資金に充てさせていただきます。
一日もはやく、現地に明るい声が取り戻されますように。
その日ごとの歩みは少しずつでも、その歩みの先には必ず“未来”があります。
踏みしめるその脚も地面も、太陽は変わらず照らし続けてくれることでしょう。
どうぞこれからも、サポートの継続を宜しくお願い申し上げます。





さて、今日は幾分肌寒く感じますが、暦の上では立夏。
そろそろ夏の訪れです。

SBSH0446.JPG

八重桜も藤も、初夏を告げる彩り。すっかり散ってしまいました。

DSCN9517.JPG


電力不足が懸念されている今年の夏、エコ花ではzou園長にグリーンカーテンを
期待しているのですが・・・去年は新芽が出るそばから何者かに食されて全滅。
今年はさて、どうしましょう。苗移植作戦…でしょうか。
今週の日曜日は今年初の夏日の予報。じわじわ、暑さが近づいています。


sai
posted by エコ花 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援