2014年02月06日

お味噌の季節ですね。

寒いですね!霧

今年は雪が降らないのかな〜?なんて思っておりましたが、
立春から、寒波到来…!
日中、天気は晴れでも気温が上がらない。さぶ、さぶ雪
先日は自宅近所の八百屋さんに行きましたら、早くも菜の花が並んでいましたが…
まだまだ、季節は冬の底ですね。



ということで(?)
この前のお休みを利用しまして、今年も味噌づくりをしました。
手前味噌仲間でもあるkayoさんも先日、仕込みが完了したようです。
その様子は「おかんブログ」でお読み頂けます。
なんかすごいー、材料とかが本格的ですよー。(人間国宝の和紙とか)



一方・・・
私はザックリなのであります。



<ざいりょう>
大豆と米麹は同量くらい。
塩は大豆と米麹の1/4くらい。



で、とりあえず前日から浸水させて置いた豆をアクを取りつつひたすら煮ます。
miso2014.JPG
豆のアク。
まるでメレンゲのよう。
指でつぶせるくらいの柔らかさになったら完了です。



kayoさんレシピでは、
 @豆煮る
 A豆つぶす
 B塩きり麹とつぶした豆を混ぜる
 C容器に詰める

ですが、これだとBのところでまぁまぁ力が必要なので面倒くさい私は
 @豆煮る
 A塩きり麹と豆まぜちゃう
 B全部一緒につぶしちゃう
 C容器につめる
の手順でやっています。

塩きり麹というのは、塩と麹を混ぜたもののことです。
豆を煮ている間にやって置くといいです、塩の粒が溶けて麹がしっとりします。



煮豆は「あたたかい」レベルまで粗熱がとれたらAです。混ぜちゃいます。
miso2014 (2).jpeg
混ざった図。


そしてBの潰す作業はフードプロセッサー任せ。
miso2014 (3).JPG
いい感じにつぶれました。


このあと少し人力でこねます。
ギュっと握ってもポロポロしない柔らかさになるように
とっておいた豆の煮汁を加えて水分調整しつつ均等に混ぜるイメージ。


これを丸めて
miso2014 (1).jpeg
雪だるまに、する必要はありませんが。


最後はよく空気を抜きながらぎゅうぎゅう容器に入れて
miso2014 (4).JPG
はい完成〜



今年は
豆 2.5kg
麹 2kg(生麹)
塩 1.2〜1.35kg?くらい使ったような気がします
インターネットで検索しましたら、この配分でおよそ13%前後の塩分濃度になるみたいです。
できあがりは9kgくらい?になった気がします。目分量で。



コツは分かりませんが、確かな材料を使うことと
作業過程で糀菌を死なせないようにすること
これだけ気をつければ、別段難しい事はありません。
(豆を人肌温度に冷ましてから混ぜれば問題ないと思います)



まぁ、、、
大体の方は「面倒くさい」っていう壁を乗り越えるのが一番の難所ですかね。



「手前味噌な話で恐縮ですが・・・」と言いますが、
自分で自分の味噌を褒める=自分や身内を褒める時、このように表現したりしますね。
うちの味噌は独特な味わいがあって他家には劣らない美味しさがあるんですよ〜と
昔の奥様方は自慢し合ったのでしょうか。

今は化学調味料などが添加されているとか原材料の産地が不明だとか
なんか胡麻化されている不安な品物も多いですから、
確実で本当に自慢したくなるような美味しいものを食べたいなら
自分で作るというのは一つの手段ですよ。



お教えするほどのモノは作っていませんが、
気になることがあったら店頭で質問して頂いても結構です。
頼りないザックリとした答えしか返せないかも知れませんが(´▽`)


posted by エコ花 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86747536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック