2014年01月10日

年賀状

本年も沢山の年賀状をいただきまして、誠にありがとうございました。


普段はなかなかお顔を拝見することも叶いませんが、施工させて頂いたご家族様からのお便り、
「心地よく暮らしています」の一言メッセージが、私達の一年の励みになっています。
また、幾年か経て、不具合や気になる点が出てきましたら、是非お気軽にご相談ください。
家家家


今年は午年ということで、馬ネタが大変多かったですね。楽しく拝読しました。
その中でも印象深かった一枚をご紹介しちゃいます。
nennga.JPG
美しい吹きガラスを作っていらっしゃる、工房葦路(あしじ)の濱口様からの一筆です。

「人間万事塞翁が馬 =じんかん ばんじ さいおうが馬」

中国の故事からきている言葉です。ゆるく訳すと
楽あれば苦あり、苦あれば楽あり。だけど苦も楽も、予想するのは大変難しい。
なので個々の事に囚われて一喜一憂するべきではない。
って感じでしょうか。

。。。すいません、詳しくはウィキペディアさんとかに聞いてください。
コチラのページなどご参照ください→


つまりその、人の生きる道について説いているわけで、
なかなか上手に、意味の深〜い馬ネタを持ってきたな〜と感心したのです。
工房葦路の濱口さんは哲学的な方という印象ですので、さすがという感じ。
「葦路(あしじ)」という工房の名も、フランシスコ修道会を創設した
「アッシジの聖フランチェスコ」に由来するのだそうです。
その愛と清貧の生涯に、深く感銘を受けたというのが理由。
流水のような吹きガラス一つ一つにも、揺るぎない芯が通っているように見受けられます。
glass02.JPG
毎年、暑くなってくると、特に紹介したくなる作品なんですよね。
いつもありがとうございます。


えーと
今年はウェブで作家さん紹介も作品も、皆さんに見て頂けるよう充実させますね。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


なんだか今日すっごい寒いですが、皆様よい週末を。


【お店つれづれの最新記事】
posted by エコ花 at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | お店つれづれ
この記事へのコメント
「葦路」さん…
そういう由来があったんですね〜
深いですねぇ
透き通るようで、しっかりと想いの重みがあるグラスで、贈り物に最適でした。

ゆるめの、癒しの空間、今年もよろしくお願いいたします
Posted by とみころ at 2014年01月14日 23:17
とみころ様
いつもありがとうございます。

葦路さんのモノヅクリ、深いのですよ〜。
丈夫ですし、長く使って頂けると思います^^

こちらこそ、今年も宜しくお願い致します。
Posted by エコ花 at 2014年01月15日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/85037222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック