2013年06月28日

小屋の魅力。

近所を歩いていると、この花をよく目にする季節になりました。
IMG_3246.jpg
アガパンサス

Agapanthus(アガパンサス)は
ギリシャ語の「agapa(愛らしい)+ anthos(花)」の組み合わせことば。
ですって→(参照)

どうりで愛らしいわけです。
アジサイやらアガパンサスやら色々咲いていて、
雨の憂鬱ばかりではないな〜と思う、梅雨の合間です。







さて。

先週末は散歩がてら、↓こちらの展示へ行ってきました。
IMG_3225.jpg
ギャラリー間で行われていた中村好文さんの「小屋へおいでよ」展。

中村好文さんの小屋の仕事と、様々な人が試みた小屋建築とその周辺のことが
実物、映像、図面、写真、スケッチなど多手法で紹介されていました。


「小屋」と聞いて、何を思うでしょう。
簡素でガランとした素っ気無いような?さびしく貧しいイメージ?
この展示では、どちらかというと小屋の豊かさを紹介しています。
楽しく面白く暮らしたい。
そのために「小屋」という最小単位の中にいかにして機能を入れるか、どんな工夫を凝らすか。
知恵を絞るのです。
そうして、できあがった小屋はまるで、秘密基地。
狭くて小さくてこぢんまりとしていて、全部のものごとに意識が通います。

エコ花の家づくりでもよく言われることですが、住まいの広さってそんなに必要でしょうか?
モノは使ってこそ、価値が生まれると私は考えています。
いつか、これが必要になるかも、もしかしたら、あったら便利かも。と、
将来の備えもしておけば安心だとは思いますが…お荷物になりかねません。
小さく暮らすと、世界は全部手の中に納まります。
するとその分、中身が豊かになるかもしれません。

と、そんなことを考えたのでした。





この展示、
22日まででしたので、もう終っちゃいましたよ。残念(最終日で超混雑でした)




こちらは間に合います↓



ステンドグラス作り

6月29日(土)13:30〜16:30 おひとつ\3,000

ninaさんのマクロビスイーツ付き♪
季節のマフィンと焼き菓子+エヌハーベストさんの紅茶をお出ししています。

お子様・お連れ様同伴の場合、お茶代¥300円のみ別途頂きます。

※鉛とハンダゴテを使用します。小学生以下の小さなお子様、
 妊娠中・授乳中の方の参加はご遠慮下さい。

ご不明な点やご質問ありましたら、お気軽にご連絡下さいませ〜

お申込みはこちら→ 電話03-5824-7571
または メール info★ecohana.com(※★を@に変えて送信して下さい)

チラシ.jpg
posted by エコ花 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅、お散歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70147032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック