2013年03月11日

2年

あの日から、2年が経ちました。



2011.03.11.14:46
その時、何をしていましたか?



突き上げるような音のあと、本震。その時
事務所の家具が大きくうねり、机上のモノが落ち、
道路向かいの細長いビルがまるで豆腐のようにグラグラと横揺れをし、
建物のそこらじゅうから、いやな軋みの音が聞こえていました。



まだ、憶えています。
それはそうです、“まだ”2年なのです。
昨年、東北を訪れた際、現地の状況に、
もしかしたらスタートラインにも立っていないのではないか?と感じました。
ですが関東では近頃、その震災の「影」すらも薄くなっているように思えてなりません。

平穏な日々が戻りつつあると人の心は、
辛い記憶を箱の中にしまいたがります。
当時を思い出すことを、拒みたがります。
だけど、それでは次の一歩が踏み出せないことも事実です。
意識を持ち続けましょう、想いを心の片隅に持ち続けましょう。





エコ花では、例えわずかでも東北の方々のお力添えをしたいと思っております。
ということで今年も、第3回目となるバザーを行います。


東北支援「木端(こっぱ)バザー」

4月25、26、27(木金土)・ 5月2、3、4(木金土)の6日間予定。


建築では“端材”でも、クラフトの素材としては充分な大きさです。
国産・無垢木材を破格値でご提供致しますので、ものづくりにご興味の方はぜひおいで下さい。
大きさも樹種も木目も違うので、実際来て手にとってアレコレ見て下さい。
そうそう
土曜日は、お子様向けに30分程度でできる簡単なクラフトもやりたいと思っています。
どうぞ、ご家族でお出かけ下さい。

(バザーとクラフトの売り上げは全て日本の森バイオマスネットワークが運営する
復興共生住宅「手のひらに太陽の家」の運営資金に寄付させていただきます。)




亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに
今も被災地で頑張り続ける人々に、暖かい陽ざしが届くことを願います。
IMG_1211.jpg





posted by エコ花 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63585387
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック