2013年02月07日

椿の盛り

先日見かけました。椿です。
IMG_2410.jpg
花が最も少ないこの時期、
鮮やかな色で咲いている彼らはとても目を引きます。
冬の寒さにも負けないなんて、けなげ組。


「椿」という中には“春”の字が隠れていますね。
冬の寂しい時期に咲いている花という印象が強いですが、
歌の世界では春の季語にあたるのだそうです。華やかな印象ですね。
一方で、幕末から明治にかけての一時期には、
花が終わる時に付け根から折れて、ひと花そのままポタリと落ちる景色が
武士の斬首を想起させるということから“忌み花”とされていたそうです。
また、茶道の世界では、「茶花の女王」という異名もあるとか。
冬の茶席では飾れる花が他になく、椿に限られてくることに由来するそうです。

一つの花にまつわるストーリー、面白いですね。女王様。


大きな木になると花がたわわで、本当に立派です!かわいい
IMG_2405.jpg
寒さに縮こまっているのも疲れてきてしまったので、
そろそろ散歩に出て、季節の変化を楽しみたいですね晴れ
先日の雪はたいしたことなくってよかったです。
今週末も晴れが続くようですので、どこかへお出かけしてみてはいかがでしょう?
あちこちで椿が綺麗ですよ〜。


posted by エコ花 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62154839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック