2012年11月22日

樹の時計

先日、フェイスブックにアップしましたら大変な反響でした。
木間暮工房・染谷さんの木の時計です。
追加納品して下さいました。わーい(嬉しい顔)
IMG_1833.jpg
時計ですが…お部屋に飾れば素敵なインテリアですね。
今回は、ケヤキ、クリ、キハダ、三樹種です。

スタッフの間でも好評で、特にクリは一番人気。上段の真ん中です。
文字盤も読みやすく、軽くてポップな印象なので、場所を選ばず使えそうですね。
左上、下段の二つはケヤキ。どっしりとした貫禄があり、美しい木目が活かされています。
右上がキハダ。黄みがかったその色が特徴で、見た目にインパクトがあります。

文字盤は「象嵌(ぞうがん)」技法です。
かたどる、はめこむ、という意味ですが、つまり・・・
基盤となる木に穴を彫り、そこにピッタリ収まるサイズの黒丸を正確に切り抜き、
隙間無くはめ込んで、研磨して仕上げます。
黒い丸に見えるのは黒檀という、とっても堅い木なのですが、
堅さの違う木を合わせて、同じように研磨して仕上げるのは中々大変なのです。

さりげな〜く、すごい事ぴかぴか(新しい)している樹の時計。
贈り物にいかがですか?プレゼント


樹と言えば、この前とある道の駅でこんな可愛いのを見つけました。
IMG_1638.jpg
姫リンゴです。
卓上サイズなのに実がなっていました。かわいい〜。こんなのも良いですね。るんるん



posted by エコ花 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60225330
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック