2012年09月20日

芸術の秋、クラフトの秋

初夏に漆、秋に木彫りのお教室を開いてくださる藤原啓祐さんから、
展示とクラフトフェアのご案内が届きました。


藤原啓祐さん、東京での個展です。
会場は国立市にある「暮らしのアートギャラリー もえぎ」さん。
いつも『はなはな』を置いて下さっています。

藤原個展.jpg
作品に触れた人たちが楽しくやさしい気持ちになれるように・・・
南会津の木漆工芸家 藤原啓祐さんの想いを伝える、お盆、お椀、
お皿、鉢、お匙、レンゲなど、約150点を展示・販売いたします。
(以上DMより)

閑静な住宅街、ひっそりと静かな空間で藤原さんの作品に向き合ってみてはいかがでしょう。
藤原さんの作るものは、力強い彫りの中に、おやっ?という面白さ、遊び心が隠れています。
さりげなく美しく、邪魔にならない存在感。暮らしにすんなりと馴染む親しみやすさ。
木を知っているからこそ生まれる藤原さんの木と漆の器を、是非お手にとって体感してみて下さい。


木と漆の器 藤原啓祐展
暮らしのアートギャラリー もえぎ
平成24年9月26日(水)〜10月8日(月・祝) 
12:00〜19:00 会期中無休
国立市中2-18-36 ※詳しくはギャラリーHPをご覧ください。




残念ながら、ご本人は東京に来れない予定。
と、言いますのも
来月にかけて何やらクラフトフェアと大阪でのグループ展もかぶさるように続く多忙のため。
藤原豆皿.jpg 藤原クラフトフェア.jpg
左は大阪、びぎゃら画廊「〜お祭り〜 手塩皿展 」
平成24年10月10日(水)〜10月22日(月) 
12:00〜19:00 日・祝定休
作家43名による陶・漆・金工・木竹工・ガラスの手塩皿=小さくて浅い皿の展示です。
個人的には小さい器が大好きなので、すごく見てみたいですが・・・大阪!
西へ行く予定のある方は、おついでに是非。

そして右は仙台、サンモール一番町アーケード街「杜の都のクラフトフェア2012」
平成24年10月6日(土)7日(日) 
12:00〜17:00 
50工房53アーティストが参加する賑やかなマーケット!楽しそう!でも・・・仙台!
北の方面へお出かけの方は是非。



しかし、一体藤原さん…。何人かいないと足りないスケジュールのようですが。
藤原さん、お身体はくれぐれもお大事に!








それと芸術の秋、絵手紙の展示も是非どうぞ!
絵手紙.jpg
こちらは「はなはな」を置いて下さっている市川のギャラリー「グランパ」さん。
平成24年10月1日(月)〜31日(水) 9:00〜18:00 
グランパさんでは絵手紙教室を定期的に行っているのですが、お教室一年間の集大成といえる作品展です。
心に響く言葉と、優しい筆遣いで彩られる風景や季節の事柄、
ほっこり、穏やかな気持ちになれること間違いないですよ♪
会期は長いので、ぜひ秋の散歩ついでに遊びに行ってみてください。



まだ紹介したい展示はいろいろとあるのですが・・・!(さすが芸術の秋)
本日はここまで。
エコ花でも続々と、楽しみなイベントが目白押しです。
またお知らせいたしますねるんるん



posted by エコ花 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント、アートのこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58395005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック