2012年02月22日

手前味噌作り@石岡

今日は2月22日、にゃんにゃんの日だそうです。
はい〜よんだ〜?
DSCN3041.jpg
びろびろ〜


水曜日、化学肥料や農薬を使わない美味しいお野菜を送って下さる和知さんの愛猫カイちゃんです。

なんと私、先週末カイちゃんのいる和知さん宅で手前味噌作りに参加させて頂きました〜!
ぴかぴか(新しい)手前味噌!グッド(上向き矢印)
よく年配の方にこういうお話をすると、「お若いのに珍しいわね〜」的なお褒め(?)の言葉を頂戴します。
発酵食品です。日本の食を支えてきたのです、彼らは。偉いのです。納豆大好き。



ということで猫ではなく、味噌作りについて、豊富な画像と最小限の文章でお送りします。
DSCN3022.jpg
今回は二種類仕込みました。米麹と麦麹のブレンド味噌と、米麹だけの味噌。麦麹って始めて見ました。
米だけよりも、甘くまろやかな味に仕上がると言うので、私の手前味噌はブレンドで仕込むことにしました。


DSCN3023.jpg DSCN3028.jpg
豆を火にかけます。茹でる場合もありますが、今回は蒸かして…つやぴか!
蒸かしあがった豆がさめるのを待たねばなりませんので、その間にランチです。



DSCN3032.jpg DSCN3039.jpg
和知さん特製のキッシュと、このあたりで食べられる郷土料理「しもつかれ」
生クリームが入っていないヘルシーキッシュは焼かれたカブが甘くて美味。
しもつかれは各家庭で味が異なる、“おふくろの味”の代表格みたいです。この日頂いたのは甘酢仕立て。


DSCN3034.jpg
焼き担当は社長。真剣です。良い火加減で香ばしく頂きました。


sai的に、一番のHITはコチラ。和知さんのご友人お手製!藁で作った納豆。
       DSCN3040.jpg
今日お味噌に使っている豆は納豆用のものらしく、本来の姿で味わわせて下さいました。香り高いです。

・・・ご飯の話ばかりですが。
味噌づくりの続きに参りましょう。



冷めた豆を、麹達と塩と混ぜます。
DSCN3042.jpg DSCN3045.jpg
この状態でもプリプリの美味しそうな豆ですが、実際は塩辛いだけです。
時間をかけるとこれがまろやかになるのだから不思議。


次につぶしの作業ですが、これは機械に頼りました。手でやっていては日が暮れてしまいます。
DSCN3048.jpg DSCN3054.jpg
和知さんが使っていたのは、低速ジューサー。
本来は野菜ジュースなどが目的のようですが、今日は豆をつぶしてもらいました。
すりつぶれた豆のパサパサに、お湯を加えながらこねていきます。


文面でちょうど良い柔らかさをお伝えするのが非常に難しいのですが、
玉を作ってぎゅっっと押してみた時にひび割れない程度。
お湯加減を見つつ、水分をまんべんなく行きわたらせたら味噌玉を作っていきます。
DSCN3056.jpg DSCN3058.jpg
なんだか可愛いですね。


あとは作りたい分量を鍋とか甕に詰めていきます。
最初、底に塩を敷いておいて、空気が入らないようにギュウギュウやりましょう。
DSCN3062.jpg DSCN3064.jpg
ここまでできたら最後にもう一度、塩を振って、ラップで蓋をして。
重しをして出来上がり!


さー、どうですか?!できそうなら挑戦してみて下さい。
お疲れさまでした。
posted by エコ花 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54106439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック