2012年01月11日

葉山の木の家

エコ花店長の家が建つのは、葉山の小高い丘のふもと。
    DSCN0181.jpg
歩いて十数分で海です。
日当たり良好なこの地で建て始め、上棟式を行ったのは9月11日。


約4カ月の工事はようやく終わり間近です。
          DSCN0410.jpg

決して手を抜かず、木と向き合ってきた大工さん達お疲れさまです。あと少し。

とは言えこの住まい、完成してもスッキリがらんどうです。
室内は最小限の壁と、最小限の扉と、最低必要な設備だけで、余計なものはありません。
あえて作り込まないことで、お子様の成長や暮らし方の変化に柔軟に対応できる「可能性」を残したのです。
シンプルだからこそ、壁を足すことも、無くすことも容易にできるのです。


また、長期優良住宅の認定を取得しており、構造もばっちり。
    水平剛性.jpg
水平剛性といって、この斜めに張られた板と火打ち梁が家族の命を守ります。



30坪のこの住まい、実は2000万円代で仕上げています。ちなみに建て主・店長kayo夫妻は30代。
エコ花の自然住宅は大工さん達がノミやノコギリを用いて一つ一つの木と向き合って作りますから、
決して安くは上がりません。ですが、手の届かないお買い物ではありません。
    
すくすくと成長するお子様の未来を考えるなら、安心と安全をやっぱり最優先に。


例えるなら、エコ花の提案するベーシックな住まいは、真っ白なキャンバスのようなもの。
最初はシンプルでからっぽ。
何にもないその画面の中に、物語を描いていくのはお施主様ご自身です。
葉山の暮らしのものがたりは、お引き渡しからスタートします。


sai

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53051871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック