2011年11月14日

手づくりすること

エコ花のお客様には、本当に自分で手を動かすのが好きな方が沢山いらっしゃって、
お教室の時など、たびたびプロ顔負けのすご技が披露されて驚くことがあります。


こちらは、以前椅子づくりなどに参加されたT様から頂いた、木のピックストラップ。
    DSCN2198.jpg
ふわーっとしたカーブが、見て触って心地良いです。
模様は私がいたずら描きしたものです。


一つ一つの作業にこだわること、使った時どうかな?引っかからないかな?
口当たりは、オイルの匂いは、強度はどうだろう?
実際に人の手に渡った時の事を考えて素材を選び、素材の綺麗さを損なわないように成形…。
手づくりの何が良いかって、そういう作り手の“愛情”を感じられるところでしょうか。
この方の作るものはいつも完成度が高く、とても感心させられています。
「こういうのいいなー」と、感じさせてくれるのです。


また話題変わって、最近、いつもお世話になっている木彫漆芸作家の藤原啓祐さんから、
国立市にある暮らしのアートギャラリー「KUNITACHI」さんをご紹介いただきました。
「はなはな」を置いて頂けるとのことでしたので、早速、先日お送りしたところ、
『コンパクトサイズの雑誌のなかに、すてきな情報がぎっしり。丁寧な編集に感心しています。』
というお言葉をいただきました。
忙しい中でアレコレ色んなことをやっていると、何かしら置いてきぼりにしてしまうもの。
だけど、自分の手からも「こういうのいいなー」が生み出せているようで、嬉しかったです。
やっぱり丁寧に“手づくり”することは魅力的だと、再認識した日です。

「はなはな」、置いて下さるご協力店様は絶賛募集中。
どうぞお気軽にお声かけください。


sai

posted by エコ花 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50330427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック