2011年10月10日

レモングラス・ティー

先日、大塚のオーガニックフラワーショップ「わなびや」さんへ取材へ行った際、
お土産にとハーブのブーケをいただいてきました。

ペパーミント、パイナップルミント、レモングラス、フェンネル、赤シソに月桂樹、
ラベンター、ローズマリー、…これで全部だったかな?
ともかく、色々な種類のハーブを貰ったのですが、赤シソ以外は乾燥させました。


そのうちの一つ、レモングラス。良いカンジにパリパリと乾いた状態です。
       DSCN1309.jpg

これを、2〜3センチくらいに裁断。切るそばからレモンの爽やかな香りがします。
DSCN1310.jpg
葉っぱなのに…不思議です。


沸騰したお湯を注いで2〜3分。うっすら萌黄色の爽やかなお茶になりました。
   DSCN1315.jpg

レモングラスとともに、生姜の薄切りを入れてはちみつで甘くしても美味しいです。
冬場、身体を温めてくれる飲み物になります。
レモングラスティーには消化吸収を助けてくれるなど整腸作用や、風邪や喘息に効く作用、
リンパの流れをよくしてくれるのでむくみの解消、水毒の解消作用などあるようです。


ハーブは身近な民間療法の一つとして、昔から利用されてきました。
手近なところに植えて、上手に活用できればと思うのですが、これがまだ中々できません。
こうしてたまに飲める味が、ありがたいものだったりします。


ちなみに赤シソは持ちかえって酢につけて一日、細かく切ってドレッシングに使いました。
ご馳走様でした。

sai
posted by エコ花 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48416822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック