2011年09月21日

根・茎・葉・花・実…食べるのはどこ?

普段口にしているお野菜。私たちは一体、どの部分を食しているのでしょう?
身近なものでも、畑で実っている姿を見たことがなければ想像できないものです。
見た経験があっても、見た目は葉のようなのに、実は茎だったり根だったり。
手軽に食べていても意外と知らないことが多いです。



食について考える時、こうした切り口も面白いですね。


それと、例えばこれは、農家さんに聞いたお話。
白菜、水菜、キャベツ、小松菜、大根、チンゲン菜、ブロッコリー・・・
これは一つのグループでまとまるのですが、なんでしょう?


答えは全て、アブラナ科の植物である、ということ。
育てばみんな、“菜の花”が咲きます。
“花”を見ればみんな同じことに納得できるのですが、いつもスーパーに並んでいる姿は
葉や実や根っこの、食べられる「部分」だけなので、なかなか気が付きませんね。
白菜の菜の花は癖がなくて、特に美味しいのだそうですよ。
調べ始めるとお野菜って、ものすごく奥深いんです。
ブログでも少しずつ、ご紹介していければと思います。



さて、エコ花の店先では先日、四角豆(うりずん)の花が咲いていました。
DSCN0961.jpg
そのあとからプクプク実が膨らんでいて、楽しみにしているところです。
トマトも茄子も、ゴーヤーもそろそろ終わりのようです。
朝顔は場所によって、種ができ始めました。
季節がめぐりますね。


sai

posted by エコ花 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48060610
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック