2011年08月23日

不忍池の蓮、その2

先日、夏の散歩におススメしました上野、不忍池の蓮景色。
書いたらやっぱり今年も行きたくなり、写真を撮ってきました。
   DSCN0520.jpg
とってもいい具合にあちらこちらで咲いていて、見ごろでした!


ところでこの蓮、どうも江戸時代頃から見られてきた歴史ある風景だそう。
幕府が大都市“江戸”の鬼門に当たるこの地に「寛永寺」を置いた際、
一緒に造成されたのではないか。という説が有力です。
不忍池そのものはこの場所に平安期からあったようですが、
古都京都に対して位置していた琵琶湖を模して、意味を持たせたようです。


土地の歴史って面白いです。
地名の由来も、調べ始めるとキリがないくらい興味深い情報が出てきます。
   DSCN0525.jpg
今はビル景色の中の蓮池。
時代は変わりますね。



sai 

【旅、お散歩の最新記事】
posted by エコ花 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅、お散歩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47513246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック