2011年03月30日

ご支援のお願い「栗駒木材さん被災地へ走る」

エコロジーライフ花の家づくりで、日ごろお世話になっている
宮城県栗原市の栗駒木材さんが、支援に奔走しています。

家づくりをするお客様がいると、製材工場の見学や材木の伐倒を
とてもよく面倒見てくれて、木材について、山について、いつも
にこやかに説明してくれるのが、駒五郎さんです。
聞くと彼は、震災後休む間も惜しみ走り続けているそうです。


これを受け弊社では、遠くこの地からできるサポートを行います。
つきましては皆様にもご協力をお願いできればと思います。



以下、弊社社長の呼びかけです。


震災直後の連絡は「一週間ぶりにお風呂入りました。」
少ない情報の中からTVでは伝わらない状況を駒五郎から聞くと、
想像を絶する悲惨な状況が目に浮かびます。
被災地へ走る駒五郎は避難所の電気も燃料も食料も
不足している状況を見るにあたり、くりこま木材のペレットを
暖房に使ってもらえないかと考えました。
皆さんもご存知スーパー行動力のある彼は、さいかい産業さんの
支援を受けペレットストーブを20台用意していただき避難所へ
配って回っています。
遠く安全な場所にいる我々に何かできることはないかと…
情報が交錯する中、的確に思いを届けたい。
義援金も物資支援も一つの方法だと思います。
今日、駒五郎からsosを聞くまではそうする予定でした。
「運ぶ燃料が買えない!」「手弁当の限界です」
「新潟の仲間がガソリンは手に入るのだが資金がない」
私は彼をサポートしたい。
駒五郎に被災地への援助を思いっきり走ってもらおうと思います。
そこで皆さんにお願いです。
燃料資金をカンパしていただけないでしょうか。
振込先掲載サイトhttp://www.kurimoku.com/blog/?page_id=2#shosai
お名前と金額はくりこま木材さんのブログで公開 http://www.kurimoku.com/blog/
資金使徒は明確に公表されます。
自分の気持ちが具体的に何に役立って行ったのかはっきりわかります。
皆さんのご協力をお願いいたします。

直井徹男



関東では日々が戻りつつあります。
その中「助けたい」と思われる方は今、多くいらっしゃると思います。
だけど現地では、この先何年も誰かの助けが必要となるでしょう。
復興には少なくとも10年はかかると言われています。
“今”支援することは大事です、けれど、それで終わりではありません。
むしろ今行う支援は、スタートラインに立ってもらうためのものです。

どうか少しでもご協力を、それも、少しでもご継続を。


そしてどうか、風化だけは、させないでください。
皆様のご協力、ご支援を、宜しくお願い致します。


--------------------------------------------------------




今日、事務所では今年初めてフラックスの花が一輪咲きました。
暗く冷たい季節は巡り、花開く春はかならず来ます。
一人ひとりの小さな力を信じて、歩みはじめる、今この時です。
DSCN8757.JPG

sai
posted by エコ花 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地支援
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44046175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック