2011年01月07日

ペレット君と着火マン

DSCN8143.jpg

kayoさんから既にご紹介いただいております、
数日前からエコ花で働くペレット君です。
どうぞ宜しく。


アナログ設計で誰にでも使いやすい、安全性が高い、
そして何より間伐材や木の屑を“再利用”したクリーンエネルギーの
『ペレット』さえ与えておけば事務所中を暖めてくれるのですから
経済的で、エコにも貢献します。
CO2がどうとか、日本の森林保全が何だとか、難しい話をしだせば
尽きないのですが、なにより、温い…。すばらしいです。



さて、アナログ設計の一つ、着火が手動方式であること。
店長、まず事務所へきて着火作業にとりかかります。
相棒は着火マン。

DSCN8144.jpg
ご自宅でもストーブを使用されている店主gondawara様から、
「まずは最初の炎を育てること」と教えられていました。

が、なかなかこれが、上手にできません。
カタログには、『手動着火方式により、一分以内の着火が可能』
と書いてあります。そう、アナログ設計にしたのは、むしろ
手でつけるほうがスピーディーに点火できるからです。





〜20分経過〜


やった!やっと点きました!バンザイ!



アナログ設計、練習が必要です。
DSCN8147.jpgDSCN8148.jpg
gondawaraさんは説明書通り、ものの1分で着火成功。さすが。

ともあれ事務所へきて数日ですが、よく働きます。
煙突の出しかたに問題があり、これから要解決ですがペレット君で
この冬は乗り越えられそうです。


sai
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42438767
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック