2010年11月30日

漆のお椀

街中はクリスマスの装い。
チカチカ、キラキラ、皆なんとなく浮足立っています。


saiです。
先日、ふらっと立ち寄った骨董屋さんにて。
クリスマスの先、お正月によさそうな漆の吸い物椀を見つけました。

DSCN7556.JPG

木地は…なんでしょう。いまだに樹種の見分けが下手な私。
ケヤキ…?に、見えなくもないかもしれませんけれどもどうなんでしょう。



DSCN7555.JPG

外は木目を活かした拭き漆、中は朱漆の地に、漆絵で紅葉が描かれています。
金色の線が小粋。



DSCN7567.JPG

中が透けるくらいの、薄い色のお吸い物に、彩りのお麩など浮かべたら正月らしい、
オメデタイ景色になりそう…と、想像して即購入。実際、そんな立派な料理は全く
作れないのですがともかく、手元においておくだけで楽しくなる一品です。



またひとつ、コレクションが増えたのでした。
歴史ある良いものを使い継ぐこともまた、一興なり。
posted by エコ花 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント、アートのこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41913234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック