2014年08月07日

涼をはこぶ器

連日、暑さが続きますね。
今日で立秋だそうですが・・・
まだまだ肌で秋を感じるまでには、今少し時間がかかりそうです。


ゴーヤや朝顔でさえも、日中の日差しにうなだれておりますが
ここでエコ花から、涼を感じる器の画像をお送りいたしましょう。
IMG_6328.jpg
銀箔グラス

IMG_6327.jpg
三角グラス


秩父「工房葦路(あしじ)」濱口さんの、吹きガラスです。
何の変哲のない水も、このグラスにそそいで飲めば一味違いそう。ぴかぴか(新しい)

一つ一つ作っているので、光の入り具合やゆがみが微妙に違います。
氷を浮かべて、カラカラと音のする冷たい飲み物を想像してみてください。
なんともいい風景・・・るんるん

IMG_6325.jpg
銀箔シリーズには器もあります。
藤原啓祐さんのお盆とスプーンを添えると・・・
木とガラス、お互いに引き立ちますね。
敷物にしたのは、クラフト工房ラ・まのさんの藍染め手ぬぐい、
日本の伝統柄の一つである青海波です。

こんなセットで冷やしぜんざいなど食べたいものですね〜かわいい


IMG_6326.jpg
花器。
光にあたると、その影までも美しいのが濱口さんのガラスの特徴です。
まるで水のよう。

日ごろ使っている器も夏らしく工夫して、
食卓にも涼の風景をとりいれてみてはいかがでしょう。

posted by エコ花 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102216675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック