2014年07月29日

夏休みのお子様のオヤツに☆

連日30度越え。
暑い日が続いていますね。晴れ
それでもエコ花の近所の子供たちは、暑さなど関係ないという具合で、
みんな賑やかにお店の前を通り過ぎてゆきます。わーい(嬉しい顔)

ショップには、そんな健やかなお子さま達にぜひおすすめしたいオヤツが入荷しましたよるんるん
IMG_6237.jpg

IMG_6235.jpg
げんきタウンさんのオヤツです。

「シンプルな原材料でつくる、
 シンプルなおかしづくり」
をテーマに、植物性原料だけにこだわり、なるべく国産や有機のものを選び、
みんなが美味しく楽しく安全に味わえるように配慮して作られています。

近頃は、お子さま用のお菓子であっても
トランス脂肪酸、遺伝子組換えや農薬やケミカル材料、人工甘味料や白砂糖や油脂や、
色々な面で 「不安」 を覚えるような原材料が使われているケースも少なくありません。
お菓子のパッケージの裏側、興味をもって読んでみてください。
材料のスペースには、どんな言葉が書かれていますか?
そして、その中に書かれている材料のどれだけ知っていますか?

かわいい本当にシンプルな材料で作られているなら、おおよそ分かると思います。
  【原材料】
  小麦粉(国産)、全粒粉(北海道産)、ライ麦粉(アメリカ産 オーガニック)、
  てんさい糖(北海道産)、有機玄米(国産)、菜種油(非遺伝子組換え)、食塩(自然海塩)
この原材料は、最初に掲載した写真の「シリアルバー」の原材料です。

市販のお菓子に色々入っているのは、保存性を高めるためであったり
色が変わらないように、味が変わらないように、安い費用で抑えられるように、
作っている人たちが、自分たちの都合で添加してしまったものです。バッド(下向き矢印)

とても沢山の種類がある添加物の中には、発がん性が疑われているものなど
病のきっかけを作ってしまうかも知れない、そんな心配な材料もあるのです。

さて
これからどんどん成長するこども達に、添加物を与えて大丈夫なのでしょうか・・・?
大人も同じです。これからも健やかでいられるために、添加物は必要でしょうか?


IMG_6245.jpg

IMG_6242.jpg
「ベジタスティック かぼちゃ味」です。
  【原材料】
  小麦粉(国産)、有機かぼちゃ(国産)、洗双糖(鹿児島県産)、菜種油(非遺伝子組換)、
  食塩(自然海塩)


げんきタウンさんのお菓子は、素朴で、やさしい味です。かわいい
また、アレルギーをお持ちの方でも食べられるオヤツも作られているのですが、
コンタミネーション(混入) という事故が起こらないように、
工場ラインも小麦は小麦・雑穀は雑穀、というふうに完全に分離させているそうで
こちらも安心してお召し上がりいただけると思います。
IMG_6236.jpg
うさちゃんビスケ
  【原材料】
  さつま芋澱粉(鹿児島県産)、ひえ(岩手県産)、てんさい糖(北海道産)、
  有機にんじん(国産)、有機さつま芋(国産)、菜種油(非遺伝子組換)、食塩(自然海塩)


お子さま達が健やかに成長できるように、ご家族が「げんき」でいられるように、
シンプルな材料からも、そんな思いが感じられますね。目
ぜひ一度、味わってみてください☆


posted by エコ花 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102020472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック