2014年07月11日

フェアトレードな、夏のカレー。

台風一過、厳しい暑さになりましたね!晴れ晴れ晴れ
梅雨のどんよりから覚めず、まだ強い日差しにも暑さにも身体が慣れていないので堪えます。
日陰であっても水分を十分に取って、やすみながら、熱中症には充分気を付けてくださいね!


今日はショップの扉絵を久々に描きかえました。
tobira.jpg
すずしげな色の朝顔でお出迎えします。かわいい

台風に伴う強風で、グリーンカーテンもどうなってしまうことやらと心配しましたが
大きな傷もなく無事です。
IMG_6089.jpg
今朝は「風船」が実っていましたよ。
たっぷり水を頂いて、今日は日光浴も存分にできて、植物はさぞ満足なことでしょう。
人間は参っちゃいますけどね・・・(^^;たらーっ(汗)


さて、
夏にお勧めしたいのは、冷たいモノ・涼しいモノだけではありません。
暑いときは暑いなりに!って開き直りしてみてもいいかも?しれませんよ。
ということで、あえて汗をかくモノ、いかがでしょうか。
IMG_6091.jpg
第三世界ショップさんの「カレーの壺」。
本格的なスパイスが効いたカレーペーストです。
レシピ付きでお料理の幅もひろがる、とても親切な商品なのですが、製造過程も親切です。
第三世界ショップさんでは、すべての品物についてフェアトレードで生産しています。

フェアトレード(公平貿易)とは?ひらめき
発展途上国などで作られたモノを、適正(フェア)な価格で取引(トレード)し、
生産者のお給料=生活をきちんと支えるという、物流の仕組みのことを言います。


それって、当り前のことじゃないの?…と、思われるかもしれませんが、現実は違います。
実は発展途上国の生産者に、不公平な低賃金で過酷な労働をさせて
安く買い入れているというケースが多々あるのですバッド(下向き矢印)
理由は、少しでも原価を抑えて、自分たちの懐にたくさんのオカネがほしい人がいるから…。
発展途上国では確かに人件費が安く抑えられるかもしれませんが、まじめな労働に対して、
適正なお給料が払われないのでは、彼らの生活はいつまでも向上しませんよね。
すると、働けど働けど楽にならない生活=持続不可能な労働条件と言えるわけです。

第三世界ショップさんは、それではいけないと、フェアトレードを始めた団体の一つ。

エコ花では、このカレーの壺以外にもフェアトレード品をいくつも扱っていますが、
いずれも現地生産者さんたちに適正なお給料を払い、
持続可能な労働環境と、確かな生活を保障しているのです。


少し、考えてみてください。
ファストファッション、ファストフード、○円均一、なぜあんなに低価格なのでしょう?!
安いモノには必ずそれなりの理由があります。
素材だったり、生産過程だったり、どこかにヒミツパスワードが潜んでいるのです。
安さに慣れてしまうと、フェアトレードや無農薬食品など、適正価格で販売されているものは
“高い”と感じてしまうかもしれませんが、それが本来の価値だったりします目

ちゃんと見極めて「お買いもの」ができると、もっと沢山の人が幸せになれるのではないでしょうか。

IMG_6007.jpg
前置きが長くなりましたが、フェアトレード「カレーの壺」、美味しいですよ(^^)/

夏野菜をたっぷり入れて、ココナッツミルクを入れて、スパイス香る本格カレーができます。
ココナツミルクを入れないと、辛さが結構ストレートにくるので(笑)
リンゴのすりおろしとか、少しマイルドになる隠し味を一緒に煮るといいと思います。
「やさい用(辛さ控え目)」と「チキン用(辛め)」をご用意しています。
ちょっとフェアトレードのことを思い出しながら、食べていただけると嬉しいですぴかぴか(新しい)


それでは良い週末を〜。


posted by エコ花 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101599035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック